株式会社ヤスオン

新しいパーティー余興・舞妓による日本らしい式典祝賀会など演奏の依頼

ご連絡はこちらをタップ

お問い合わせはこちら

新しいパーティー余興・舞妓による日本らしい式典祝賀会など演奏の依頼

新しいパーティー余興・舞妓による日本らしい式典祝賀会など演奏の依頼

2021/12/13

日本全国への舞妓の派遣が可能です

京都祇園から全国のホテル宴会場へ超和風ながら超新しい余興のご提案

喜ぶのは外国人だけでなく、日本人にも大変喜ばれる「和」な余興をお探しでしたら、舞妓withオペラはいかがでしょうか?華のある舞妓の舞に、スケールが大きい力のあるオペラ歌手の歌声が会場中に響き渡り、ゲストは集中力を振り絞ってステージに引き込まれる舞台となっております。

地方さんではなく、ヨーロッパ様式の伴奏で舞う舞妓は一種異様な光景ですが、お座敷ではない、大きな舞台ではより映えること保証いたします。是非、舞妓withオペラで大切なゲストの皆さんに新しい和な余興でおもてなしされてみてはいかがでしょうか?

祇園小唄/6タイプの演奏スタイル

1930年(昭和5年)の歌謡曲
作詞:長田幹彦、作曲:佐々紅華

<オリジナル編曲による祇園小唄>

声楽+ピアノ
声楽+ヴァイオリン+ピアノ
声楽+弦楽四重奏
声楽+弦楽合奏
弦楽四重奏または弦楽合奏のみ(歌なし)
ピアノのみ(歌なし)

流行歌/祇園小唄

『祇園小唄』の歌詞で締めに繰り返される「だらりの帯」とは、京都の舞妓が着る振袖のだらり結びにした帯を指す。

オペラティック祇園小唄

舞妓withオペラ【30秒版】

声楽・ヴァイオリン・ピアノ演奏版

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。